ファンダメンタルズ分析

相場の値動きを予想する方法は、大きく分けて「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」の2つがあります。このうちファンダメンタルズ分析とは、各国の金利、経済情勢、戦争・テロなどのリスク、その他を考慮して相場の値動きを予想するという方法です。テクニカル分析は、過去の値動きをもとにチャートを描いて分析し、将来の相場を予想していくという方法です。 ファンダメンタルズ分析は、相場がおおまかに「どちらに動きそうか、あるいはレンジ相場が続くか」を予想するのに役立ちます。数十秒や数分後の相場の判断にはテクニカル分析のほうが役に立つでしょう。FXで勝ち残っている投資家は、この2つを程よく使い分けています。テクニカル分析だけに頼りすぎると、「ダマシ(売買すべき時でないのに、売買サインが出るなど)をダマシだと気付かない」で、投資してしまうことがあるのです。 また、ファンダメンタルズ分析は「FX初心者には難しい」という面があります。なぜなら、為替相場の値動きは「二国間だけ」の関係で決まることはあまりなく、様々な国の情勢が影響して、為替レートが決まっていくことがほとんどなのです。また、日本の投資家にとって入手しやすい情報は、アメリカやヨーロッパのもの。たとえば南アフリカやトルコなどの情報は、投資家自身が積極的に経済ニュースを見聞きするよう、心掛ける必要があるからです。

line